飲む育毛剤と呼ばれるプロペシアとは

プロペシアは、世界初の医師が処方する服用タイプの男性型脱毛症薬です。現在では、世界60ヵ国以上で承認されており、日本でも多くのクリニックや病院で処方されています。

プロペシアに含まれている有効成分フィナステリドは、米国メルク社により開発された抗アンドロゲン薬のひとつです。男性ホルモンであるテストステロンは、体内で5α-リアクターゼという酵素により変換されて脱毛原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)を生成します。フィナステリドは、5α-リアクターゼを阻害する効果を有しており、結果としてDHTの生成を抑制します。

日本国内でプロペシアを使用する場合、医師の処方箋が必要となります(個人輸入は除く)。日本におけるプロペシアの発売元は、旧万有製薬とシェリング・プラウ株式会社との事業統合により誕生したMSD社である。ちなみに万有製薬は、2004年当時には、米国メルク社の日本法人でした。

プロペシアは、男性成人のみ利用可能です。フィナステリド自体が肝臓で消化される薬であるため、肝機能障害がある方は、医師への相談が必要です。また、本製品を海外から個人輸入することも可能ですが、ニセモノも数多く流通しているため、注意が必要です。

育毛剤のことなら俺に聞け【http://www.cimassoc.com/】

口コミサイトからウォーターサーバーの評判を確認しよう!

ウォーターサーバーの人気はすごいですね。少し前までウォーターサーバーといえば、企業や公共施設などに設置される高級品というイメージでした。ところが最近のウォーターサーバーは、レンタル料を無料にしている業者も登場して、手の届かなかった私たち庶民でも十分に利用可能なサービス内容に変わりつつあります。これはウォーターサーバーを取り扱う業者が急増して競争原理が働いたからでしょう。

しかしインターネットを調べると、ものすごい数の情報が検索結果に表示されます。正直どれを選んだらよいか分からなくなります。例えば、ランキングサイトを比較すると、第1位フレシャス、第2位アルピナウォーター、第3位コスモウォーターなどある程度絞り込めます。ただ私のような水オンチだとランキングだけでは良く分からないのです。

正直言えば、使った人に感想を聞いてみたいのです。そんな時、私が使っている、とっておきの方法があります。Googleなどの検索エンジンに“ウォーターサーバー 口コミ”と入れて検索!すると比較的簡単にウォーターサーバーの口コミを探せます。

(ウォーターサーバーに興味がある方はコチラ

ウォーターサーバー業者のホームページの情報では、客観的な情報は得にくいですね。それに対して口コミ情報は、正直な感想を聞けるので業者選びに使えます!

不足しがちな栄養素を青汁で補給しよう!

青汁の認知度も高まり、最近では健康食品の代名詞的な存在ですね。皆さんは、もう青汁をお試しになりましたか?

青汁の始まりは、昭和18年、遠藤仁郎博士により考案されました。当初、青汁の素材としては大根やニンジンの葉、菜種の葉などが利用されていました。その後、岡山県倉敷市の倉敷中央病院に赴任すると臨床の最前線で青汁を用い自信を深めていきました。昭和29年になると、キャベツの原種であるケールを利用した青汁を作り出します。ケールに含まれている栄養価はとても高く、ヨーロッパではサラダやロールキャベツなどの料理にも頻繁に利用されています。遠藤仁郎博士の考案したケールの青汁は、“遠藤青汁”と呼ばれ、現在でも青汁の素材として利用されています。

当時、青汁が考案された背景には、戦中戦後の食糧不足による栄養不足の解消という目的がありました。飽食の現代において栄養不足は無縁のものだと感じられる方も多いでしょう。しかし厚生労働省により実施された平成22年国民健康・栄養調査を見ると、どの年代も1日あたりの目標摂取量350gを下回っております。皮肉なことですが、現代人でも栄養不足は深刻だと言えるでしょう。

青汁は、現代人の不足しがちな栄養素を補給するためには最適な食品です。

青汁口コミランキング※効果・効能で選ぶならコレ!
http://xn--nckg3oobb2022g88yc.com/

現代人に不足しがちなカルシウムを知る

カルシウムは、丈夫な骨と歯を作る大切なミネラルです。特に成長期のお子様や妊婦、授乳期のママには必要な栄養素です。カルシウム不足が続くことで様々な弊害が起こります。例えば、成長期の子供では、歯の品質が劣り、アゴの骨の発育も悪くなります。閉経後の女性では、骨粗鬆症の発症率が上昇することで知られています。このような弊害を防ぐ意味でもカルシウムの摂取は必要不可欠です。

厚生労働省が所管する健康日本21では、成人で1日あたり600~700mg摂取が必要と論じています。この情報を元に、平成21年に厚生労働省により実施された国民健康・栄養素調査を見てみると、7~14歳以外のすべての年齢層でカルシウム不足を確認できます。

カルシウムを含む食品としては、牛乳や小魚が知られていますね。特に牛乳に含まれているカルシウムは吸収率が高いことで知られています。その上、たんぱく質やビタミンA、B2などカルシウムの効果を高める栄養素も含まれています。さらにマグネシウムやビタミンDを含む食品を同時に摂取するとカルシウムの吸収力がアップします。

しかし、必要以上のカロリー摂取も健康を損ねてしまう場合があります。不足した栄養素を補うためにサプリメントなどの栄養補助食品などの利用もおすすめです。